持ち物リスト

合宿教習には必ず以下のものが必要です。 合宿免許入校時までにご用意ください。

入校手続きに必要なもの

1本人を確認できるもの
日本国籍の方
運転免許証を所持されていない方
  • 本籍地記載の住民票 *1
  • 本人を確認できる書類
    以下の1~3のいずれか1つ。コピー不可 *2
    1. 健康保険証
    2. 住民基本台帳カード(住基カード)
    3. パスポート
運転免許証を所持されている方
  • 現在所持している運転免許証 *3
  • 本籍地記載の住民票*1

    ※住民票の住所・氏名は免許証の記載事項と一致していなくてはなりません。

外国籍の方
運転免許証を所持されていない方
  • 在留カード *4
  • 国籍記載の住民票 *1
  • 本人を確認できる書類
    以下の1~3のいずれか1つ。コピー不可 *2
    1. 健康保険証
    2. 住民基本台帳カード(住基カード)
    3. パスポート
運転免許証を所持されている方
  • 現在所持されている運転免許証 *3
  • 在留カード *4
  • 国籍記載の住民票 *1
*1
  • 「本籍地(外国籍の方は国籍)が記載」、「本人のみ記載」されたものをご用意ください。
  • 入校日から遡り3ヶ月以内のものをご持参ください。
*2
  • 平成19年9月19日から教習所入校時に本人確認書類の提示が必要になりました。
    近年、他人になりすまして運転免許を不正取得し、犯罪等に使用するケースが発生し社会問題を引き起こしています。そのため、運転免許申請時、本人確認書類等を追加することにより、本人以外の不正免許取得を防ぐため導入されました。教習所入校時においても、従来の現有免許または住民票の写しに加え、健康保険証・住民基本台帳カード・パスポート等の本人確認書類を提示していただくことになりました。本人確認書類をご用意できない場合は、事前に当校までご相談くださいますようお願いいたします。
*3
  • 現在、何らかの運転免許証を持っている方で、免許証を紛失された方、免許証を失効して6ヵ月以内の方は「再交付」が必要です。
  • 現在持っている運転免許証が、合宿期間中に更新期限になってしまう場合は、入所までに再交付してください。
  • 結婚・転居・市町村区の合併等により、氏名・住所・本籍地が変わった方で、住民票と運転免許証の記載事項が異なる場合は、入校前に運転免許証記載事項変更手続き又は住所変更手続きを行ってください。
  • 免許条件に「眼鏡等」の記載のある方で、レーシック手術などにより条件変更となった場合、運転免許試験場(運転免許センター)で条件解除が必要です。
*4
  • 国籍・地域」、「在留期間満了日」、「在留カード番号」、「在留資格」が省略されていないものをご用意ください。
  • 教習期間中に在留期間が満了となる場合、事前に更新手続きが必要です。

全員共通で持参いただくもの

  • 2印鑑(認印)
  • 3筆記用具(ペン・ノート)
  • 4健康保険証またはそのコピー

    万が一の病気・ケガに備えて。本人様確認書類としてご持参いただく場合は原本に限ります

  • 5メガネまたはコンタクトレンズ

    基準視力に満たない方。色付きのものは不可。両方をお持ちの方は2つともご持参ください

  • 6スニーカー等の運転しやすい靴

    サンダル、ハイヒール、ミュール、ブーツ、ハイカットスニーカーは禁止です。 かかとが保護されていないものや、足首を動かすのに支障があると判断される靴は教習時に履くことはできません

  • 7日用品・洗面用品

    タオル・歯ブラシセット・シャンプー&リンス類・ドライヤーなど

二輪教習の方のみ必要なもの

  • 8長袖・長ズボン・かかとのある靴・グローブなど

上記持ち物につきまして「わからない点」などがあればお気軽にお問い合わせください。